MENU

借金返済できないならすぐに弁護士等に相談に行くべき理由

借金の返済がどうしてもできない、返済がすでに滞っている、こういった状態になると大変なことになります。

 

まずは毎日のように掛かってくる電話、返せない理由はいろいろあると思いますが返せないでいる以上、電話に出ればなんて言われるだいたい想像がつくのでそれが嫌だからということで出ることができない、それをずっと無視し続けると今度ははがきや封書で督促状が送られてきてポストを除くことすら恐怖になる、更にそれが続いた後に今度は訪問での督促、そして最終的には訴状が届き、裁判沙汰になってしまいます。

 

こうなってしまっては今度は国からの命令で支払いを求められることになり、それができなければ財産の差し押さえとなってしまいます。
こういった状態になってしまうというのは誰もが嫌なものですが、払えないものは晴れえないのですから仕方がないと思ってはいませんか?
実はこれを打開するための方法があるのです。

 

それが弁護士さんや司法書士さんによって行われる債務整理です。
債務整理には借金の金額や家庭の経済状態によっていろいろなものを使い分けるのですが、よく使われる任意整理では大きなデメリットもなく借金返済を楽にすることができるのです。
内容はこう、任意整理をすると同時の行う過払い金の請求によって多少なりともお金が戻ってきます。
それを借金返済に充てることによって、借金の元金を減らすことができます。

 

それができない場合でも弁護士さんや司法書士さんの交渉によってこれ以降の返済の時に利子をカットできたり、返済額を少なくすることができたりします。
それに任意整理を実行した時点で取り立てや催促、法的手段をとることがなくなり、平穏な生活を暮らせることができるようになります。
意外とこういった方法があることが知られていないようで、取り立てなどによって精神的なダメージを受けてしまう方も少なくないと聞きます。
しかし実際にはこういった対策方法があるのでそれを使わない理由はありません。

 

任意整理を行っても周りに知られることはまずありませんのでそういった意味でも使いやすいと思います。
返済が滞っていて電話や郵便物、訪問が怖い、外に出ることも容易ではなくなってしまった、こうなる前に返済がどうしてもできなさそうだと感じた時にすぐにでも弁護士さんや司法書士さんに相談をするとよいでしょう。
中々こういった方とお付き合いをすることもないので少々構えてしまいますが、決して悪い方向には進まないと思いますので唯一チャンスとして残されているものを活用しようではありませんか。

借金は減額できる可能性がある

借金返済に困ったときに弁護士さんや司法書士さんにお願いして任意整理などの債務整理を行うのは何も借金返済を立て替えてくれるとか、夜逃げを手伝ってくれるからではありません。
それは借金が軽くなる可能性があるからです。

 

債務整理を行うとすぐにしつこい取り立てが止まります

 

これは結構負担になることが多いので大きな魅力です。
毎月の返済額が少なくなる時がある、これもかなりうれしいことです。
しかしこれだけで債務整理を行うのではありません。

 

何といっても借金自体の金額を減額することができるからなのです。
確かに取り立てが止まって電話がかかってきても、書留郵便が送られてきても、インターフォンを鳴らされても堂々と出ることができるので気が楽でしょう。
毎月の返済額が少なくなってその分、生活がしやすくなるのもメリットでしょう。

 

しかし、借金をしている以上その借金の残金が減ること以上にうれしい話はありません。

 

そもそも借金の返済額は利息がかなり大きなウェイト締めていることが多く、その利息は元金を元に計算されているので元金自体が減れば、利息も減ることになりダブルで毎月に返済額を少なくすることができるのです。

 

例えば金利15%で100万円を借りた場合、単純計算で一年で15万円の利息を支払わなければならないのですが、これが一気に50万円まで元金が減ったとするとそれ以降の年間の利息は75000円で済むことになるのです。
一定の期間において115万円支払うのと約58万円払うのとでは借金全体の金額もそうですが毎月の返済額もかなり楽になるということになります。
これは単純計算ですので実際には違った数字なるとは思いますが考え方としてはこれだけの差がつくことになるのです。

 

もちろん債務整理を行うともう一つのメリットである金利の見直しやカットなどが行われることが多いのでもっと返済が楽になるというものです。
実は債務整理の最大の目的はこの元金の減額であってそれ以外も部分はあくまでもおまけ的なことですので、借金返済に困ったときはすぐに対処すべきなのです。
借金返済を滞ったままにしておくと借金申し込みの時に愛想笑いをしていた貸金業者も鬼の形相に変わります。

 

これはある意味当然です、返すという約束をしていたのにその約束を破って、知らぬ存ぜぬを決め込んでいるのですから、文句を言うこともできません。
最終的には裁判という法的手段をとることも辞さないのでそうなる前に弁護士さんや司法書士さんにお願いして借金減額のための債務整理を行うことが必要なのです。

借金を整理する方法には何がある?

弁護士さんや司法書士さんに借金返済が苦しいということで相談に行くとその借金返済を楽にする方法を押してもらえます。

それが俗にいう債務整理というもので借金を整理するための方法です。

 

債務整理といっても一つの方法ではなく、実は目的や現在の状態によって大まかに4つのものが用意されています。

 

一番簡単なのが任意整理

任意整理の目的は多く払った利息の返金を求めるのと今後返済計画を見直すことで、利息の返金は最近よく耳にするようになった過払い金請求によって行い、返済計画の見直しは弁護士さんや司法書士さんによる交渉によって今後の金利をカットしてもらったりかなり低い数値してもらうことで実現させます。
結果的に過払い金の充当によって借金全体が無くなるか借金の減額が行われ、返済が続くようであればその返済額のほとんどが元金返済にあてがわれるので借金返済期間が短くなります。

 

次によく使われるのが特定調停というもの、これは任意整理のグレードアップバージョンといえるもので今度は簡易裁判所が間に入って和解をもとめます。
結果としては任意整理と同じようなもので過払い金と金利のカットや見直しが期待できます。

 

ただ、実際に家計が火の車といった状態になっていないと使えない方法ですので、ある程度使える方は限定されます。

 

次にあるのが個人再生、これは地方裁判所に向こう数年間の返済計画を提出し、本当に返済する意思があるのか、その返済計画が妥当なものかということを判断し、それが認められ実際にその計画通りに返済が進んでいる場合はその返済計画で決められた年数を経過した後の支払いが免除される、要するの自分が計画したとおりに払っていればそれ以降の借金が無くなるというものです。
これも特定調停と同じようにかなり厳しい状態の方でなければ使えませんので、誰もが使えるということではありません。

 

そして債務整理の中で一番効力が強いのが自己破産

読んで字のごとく破産してしまったから借金もなくなりますといいうものです。
破産ですから借金を支払う義務もなくなりますが、それと同時に極端な言い方をすれば無一文になります。

 

無一文といっても全くお金がない状態ではなく、憲法で定められている最低限の生活をするための金銭や財産は残されます。
要するに贅沢品や贅沢な暮らしを捨てる代わりに借金もなくしてしまおうというのが自己破産の目的であり、結果としてそうなります。
これを行うのには相当の覚悟と理解が必要になります。

 

何しろ家も車もブランド品も貴金属もほとんど持っていかれるのですから今まで通りの生活を送れると思ったら大間違いです。
ですからこの方法を使うのは本当に究極な状態になった時だけと思った方がいいでしょう。
こういったいろいろな方法が日本には用意されているので、必要であれば弁護士さんや司法書士さんの相談のものと行えばいいと思います。